グルタミン酸の効果とは?脳を活性化し、美肌効果も!?

私たちの体は20種類のアミノ酸からなっていますが、その中でも脳の活性化、美肌効果のほか様々な効果があるグルタミン酸の人気が高まっています。実際、このグルタミン酸にはどのような効果があるのでしょうか?今回はその点に注目してみましょう。

グルタミン酸って何だろう?

グルタミン酸は非必須アミノ酸で、体の中で生成することができるアミノ酸の1つです。

すでに体内にあるのなら、わざわざ体外から摂取する必要はないのではないか、と思うかたもいらっしゃるかもしれません。

しかし、体内で生成することができる、ということは逆に考えると、グルタミン酸はそれだけ体内にとってなくてはならない必要なアミノ酸である、ということにもなります。

グルタミン酸とは?

アミノ酸の1つ「グルタミン酸」は同じくアミノ酸である「グルタミン」と名前が非常によく似ていますが役割が全く違います。

違いを簡単に比較しますと、グルタミンが全身のエネルギー代謝に重要な役割があるのに対し、グルタミン酸は神経伝達物質としての役割が大きいアミノ酸です。

グルタミン酸はうまみ成分として良く用いられています。アジアを中心とした海外でも圧倒的な人気がある「味の素」もうまみ成分としてグルタミン酸(グルタミン酸ナトリウム)が入っています。

味の素のような食品添加物は人体に危険である、という見方もありますが、これはアミノ酸の1つなので、取り過ぎに気をつければ人体に害はほとんどありません。

グルタミン酸の効果

グルタミン酸はうまみ成分だけではなく、健康や美容など様々な効果があることがわかっています。ここではそのいくつかをご紹介しましょう。

アンモニアの解毒作用

アンモニアには脳機能が低下するなど害がありますが、グルタミン酸は体内でアンモニアの無毒化し、アンモニアをグルタミンに変えたり、尿として体外に排出したりするという効果があります。

アンモニアが無毒化することによってさらに疲労回復や、免疫力がアップするというような効果もあります。

脳を活性化

グルタミン酸は脳内の神経伝達物質のおよそ4割かかわっている重要な神経物質の1つでブレーンアミノ酸とも呼ばれています。

グルタミン酸はさらに記憶力や集中力がアップする効果があります。特に記憶力アップの効果が優れているため、アルツハイマー型認知症の予防効果が期待されています。

美肌効果

グルタミン酸などのアミノ酸は肌のうるおいやダメージを抑える角質層のおよそ40%を占めているといわれています。それでグルタミン酸を摂取することにより、保湿効果、肌荒れ予防など美肌効果を期待することができます。

血圧を下げる

グルタミン酸を摂取すると血圧を下げる効果があることが最近の研究のデータにより明らかになっています。これにより高血圧が原因となって起こる脳卒中や心疾患の予防につながるようです。

グルタミン酸の摂取方法

グルタミン酸は食品から摂取する方法と、サプリから摂取する方法があります。

多く含まれる食材

グルタミン酸が多く含まれる食材として海藻・白菜・緑茶・イワシ・トマトなどがあります。

サプリもあり

グルタミン酸を効果的に摂取したいならサプリをおすすめします。

ただし、繰り返しになりますが「グルタミン酸」を名前が似ていて働きが全く違う「グルタミン」と間違えないように気をつけましょう。

グルタミンは筋肉に作用するので筋トレをする人が好んで摂取するサプリです。

過剰摂取・摂取不足に注意

グルタミン酸は体内でも生成しなければならない、人体にとって必要なアミノ酸です。しかし過剰摂取には注意が必要です。ここでは過剰摂取、摂取不足それぞれの症状に注目してみましょう。

過剰 睡眠障害・神経障害

グルタミン酸ナトリウムの取りすぎとして舌のしびれや頭痛などの症状が表れることが報告されています。

さらに重症になると脳細胞に障害を与え、睡眠障害や神経障害、幻覚をみるといった症状が表れることさえあります。しかしこれは非常にまれなケースなので過度に心配する必要はありません。

しかしコンビニの惣菜やカップラーメンなどには大量に含まれていることが多いので、知らないうちに過剰摂取になってしまうことがないようにしておきたいところです。

とくに味の素は97.5%がグルタミン酸ナトリウムなので、旨みを出すために使いすぎると過剰摂取になるおそれがあります。

不足 筋力低下・疲労蓄積・消化不良

グルタミン酸が不足すると筋力が低下し、疲れがたまりやすくなります。また消化不良になり、脂肪がつきやすくなることもあります。

また最近肌が荒れてきたな、と思ったらそれはビタミン不足ではなく、グルタミン酸不足が原因かもしれません。

適量を摂取して効果を享受しよう

グルタミン酸はうまみ成分として、食品の味を引きたて、食欲を増進させます。さらに脳を活性化させ、美肌効果のような大切な役割を持ったアミノ酸の1つです。

通常の食事をしていればグルタミン酸の過剰摂取、摂取不足共にほとんど問題はありません。

偏った食事をして、グルタミン酸の過剰摂取、あるいは摂取不足にならないように注意をして、グルタミン酸の効果を十分に享受するようにしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*