プロテオグリカンやコンドロイチンの違いがわからないあなた、これを読めばすっきり!

「プロテオグリカン」と「コンドロイチン」の違いについて、詳しくご紹介します。これらが一体どんなものなのか、知らない方もいるかと思います。まず簡単に言うと、軟骨の主成分のことを指すのです。これら2つの成分の相乗効果で軟骨を強化します。

プロテオグリカンとコンドロイチンの違いとは

今回はこれら2つの成分の違いについて、効果をお伝えします。軟骨には血管がありませんから、水分とともに栄養が行き渡ると言われています。さらに軟骨自体を強化してくれたり、修復したり再生を促進してくれるものとも言われています。

プロテオグリカンについて

プロテオグリカンというものは、アミノ酸と糖が結びついてできたアミノ糖の一種なのだそうです。軟骨だけではなく、私たち人間の皮膚や爪、靱帯に存在しています。というのも軟骨は、関節を動かす際にクッションのような役割を果たしてくれます。しかし、加齢や運動をすることなどによって、少しずつすり減っていくのです。そうなってしまうと、次第に骨と骨とぶつかり合うようになってしまい、痛みや違和感を感じるようになるのです。

そこで軟骨そのもの自体をすり減っていく軟骨を修復したり再生を促したりするはたらきがあると言われています。

プロテオグリカンとは何か

タンパク質と多糖の結合した「糖タンパク質」と言われています。肌を保湿してくれたりハリ感を出してくれることから、サプリメントや化粧品にも含まれています。タンパク質は肌に欠かせない成分なので、サプリメント・化粧品で取り入れられているのは嬉しいことですね。

気になる効果と摂取方法

プロテオグリカンがどんなものかは理解できたことでしょう。しかしその気になる効果、摂取方法が知りたいですよね。正しい飲み方を覚えておきたいものです。

主な効果

上記でも少しご紹介していますが、プロテオグリカンは軟骨の構成成分のひとつです。関節などのクッションの役割を果たしてくれますので、膝の痛みや変形関節症に効果的だと言われています。そして生活習慣病の方にも効果的です。というのも、炎症を起こす物質が慢性的に過剰になると、いろんな生活習慣病の原因の1つとなる「活性酸素」が発生するのです。

そこでプロテオグリカンにある抗炎症作用によって、活性酸素の発生を抑制させるのです。脳・内臓、そして血管の老化防止、肥満や糖尿病などを引き起こすことを予防する効果があると言われているそうです。また、血糖値の上昇を抑制する効果がありますよ。また、肌を保湿してくれる効果もあるようです。

摂取方法

まずサプリメントには、化学合成原料・天然原料を使用した2種類のものがあります。合成原料のものは安価で手に入りやすいのですが、化学物質が混入している可能性や、石油から合成されている可能性もあります。体に安心して摂取できるのは、天然原料のものです。もちろん食事でも摂取することはできますが、サプリメントと併用して飲む方がより効果的です。

組み合わせてさらに効果アップ

グルコサミン、コンドロイチンと組み合わせて摂取するとより効果がアップします。グルコサミンは、エビやカニなどの甲殻類の殻に多く配合されているそうです。コンドロイチンは、軟骨に水分と栄養を与えてくれ、老廃物を排出してくれるのです。

副作用はある?

気になるのが副作用ですね。実際のところほとんどないと言われているそうです。一度飲んでみて体調が悪くなってしまたら、すぐに飲むのをやめましょう。

グルコサミンやコンドロイチンとの違い

グルコサミンとコンドロイチンの違いについてもご紹介していきます。

グルコサミンはプロテオグリカンを作り出す原料

グルコサミンというのは、軟骨の主成分であるプロテオグリカンを作り出してくれる成分で、私達の身体に欠かせないものです。というのも、プロテオグリカンの中にある「コンドロイチン」が体内にある細胞・組織に水分や栄養分を届けてくれるから。しかし、年齢を重ねるごとに減ってしまうので、サプリメントなどで補うと良いでしょう。

コンドロイチンはグルコサミンから作られプロテオグリカンの中に含まれる

コンドロイチンは、グルコサミンから作られたプロテオグリカンの中の成分のひとつです。軟骨の水分を維持してくれるだけではなく、弾力性を与えてくれるのです。そして血管のない軟骨に水分とともに栄養を運び入れたり、老廃物を排出するはたらきがあると言われています。

よって軟骨は、コンドロイチンによって弾力のあるみずみずしい状態になり、関節をスムーズに動かすためのクッションとしての役割を果たしてくれるのです。

同時摂取で相乗効果を

「プロテオグリカン」と「コンドロイチン」の違いについてご紹介しました。健康的な体を作るため、生活習慣病を改善するためには欠かせない成分なので、摂取しておきたいものです。今回の情報をぜひ参考にしてみてくださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*